資料請求・お問い合わせ

雙葉日記

HOME > 雙葉日記一覧 > 中一 福祉体験学習

2019.06.18

中一 福祉体験学習

人生の先輩である高齢者の方々と、心あたたまる交流ができました

 6月11日(火)〜19日(水)にかけて、中一の生徒たちが、クラスごとに高齢者施設「楽寿の園」を訪問しています。生徒たちは事前に、高齢者の方々との交流の企画を考え、準備してきました。施設訪問が初めてである生徒も多かったのですが、それぞれの生徒が、大きな気付きや学びを得ることができました。

 ◆生徒のレポートより◆ 
・私が主に交流した方は、認知症が少し入った方でした。何度も同じ説明をすると、とても疲れましたが、全然イライラしたり、いやな気持ちにはなりませんでした。むしろ、とても楽しくて、もっと交流していたいと思うほどでした。それは、私がお年寄りの方の気持ちを考えて接することができたということだと思います。
・私の班では紙芝居を披露しました。練習では班員に見てもらいながらやりました。その時は「いい出来だね」と言っていましたが、いざお年寄りの前で披露すると、私たちの声が聞こえないお年寄りがいらっしゃいました。自分の中ではよいと思っていたことでも、お年寄りの中では困ることやわからないことがあると実感しました。
・レクリエーションをしている時に、(お年寄りの方が)突然立ち上がったり、同じことを何度も聞かれることもありました。でも昔のことはよく覚えていらっしゃって、若い時の思い出や、戦時中の話、自らの学生時代のことなども話して下さいました。おばあちゃんのゆっくり話される言葉の中には謙虚さと寛容さが感じられました。無常な世の中を長い間過ごされて、苦しいことも楽しいこともつらいことも経験された人こそが持つ、言葉の重みがありました。

高齢者の方々と一緒に、小さな七夕飾りを作りました。

一覧へ戻る

資料請求・お問い合わせ

教育方針教育の特徴学校生活部活動入学案内進学状況交通アクセス資料請求・お問い合せリンクプライバシーポリシーサイトマップ