資料請求・お問い合わせ

雙葉日記

HOME > 雙葉日記一覧 > 平成30年度前期生徒会会長・副会長候補立会演説会

2018.03.14

平成30年度前期生徒会会長・副会長候補立会演説会

スローガンに「Bear Fruit」を掲げ、実り多い学校生活をサポートしていきます

 7日(水)の午後、後期生徒会のメンバーが最後の活動として、「駿府公園内花壇の花植え作業」を行いました。
 そして週明けの12日(月)に、講堂にて「平成30年度前期生徒会会長・副会長候補立会演説会」が行われ、会長候補の高1南組の松崎さん、副会長候補の高1東組の巻田さんが、今後の活動方針について演説しました。
 スローガンは、「Bear Fruit」。これは、元々は「実をつける」という意味で、「雙葉生一人一人の学校生活を実りあるものにできるように」という願いを反映したものです。このスローガンのもと、新生徒会では、ペットボトルやプルタブなどの回収運動、各種寄付による難民の子どもたちや赤十字活動への支援活動を企画したり、月一回の「ボランティア新聞」の発行を通じて、静岡を中心としたボランティア活動の情報を発信し、生徒の活動参加を促すなど、自分の身の回りだけでなく世界に視野を広げた学校生活を送れるように呼びかけていく意思を表明しました。
 この後、12日の放課後と13日に全校生徒による投票が行われ、高い支持率を得て信任となりました。平成30年度前期生徒会は、校長先生の任命を受け、4月から活動を始めます。
.

立会演説会にて用いられたパワーポイントの画面。

投票をする生徒。


今年度後期生徒会の行った、駿府公園の花植え作業。

一覧へ戻る

資料請求・お問い合わせ

教育方針教育の特徴学校生活部活動入学案内進学状況交通アクセス資料請求・お問い合せリンクプライバシーポリシーサイトマップ