雙葉日記

HOME > 雙葉日記一覧 > 第3回「未来への志を育む」講演会

2018.12.05

第3回「未来への志を育む」講演会

SDGs(持続可能な開発目標)について理解を深めました

1日(土)13:10より、本校講堂にて第3回「未来への志を育む」講演会が行われ、中一〜高2生徒約730名と、高3・保護者の中での希望者、一般のお客様が参加しました。今回の講師は、SDGs研究の第一人者である蟹江憲史先生です。
先生は、 北九州市立大学講師、助教授、東京工業大学大学院准教授を経て、現在は慶應大学義塾大学大学院政策・メディア研究科教授および日本政府SDGs推進評価・調査検討委員会などの各種委員会を兼任されています。国際的、国内的にSDGsや環境問題を中心に多方面で活躍されています。
 今回の講演会では、「SDGs『あしたの地球』のために『いま』取り組むべき課題」という演題でお話をしてくださいました。はじめにSDGsの掲げる17の目標とそれを解決するための「経済」「環境」「社会」という3つの側面等のSDGsの基本的な内容と枠組みを教えてくださいました。それを踏まえて、SDGsの3つの特徴を教えていただきました。一つ目は、SDGsは国際的な条約ではなく、目標を共有するという仕組みであるという点です。この仕組みによって、国が離脱するということがなくなったり、目標を達成することで新たなビジネスチャンスが生まれたりする利点が生じます。二つ目は、一つの問題に対して、複数の問題が絡み合っているという点です。17の目標は17の入り口のようなもので、一つの問題を考えると様々な問題に行き着きます。そのため、17の問題を一気に解決しなければいけないということではありません。三つ目は未来を基準にして物事を考えるという点です。未来の理想的な世界の姿から問題を考えることによって、幅広い解決法を考えることができます。また、先生は、SDGsは答えの明示されていない問題集のようなものであり、一つの目標に対して様々な解決法が出てくる可能性があると教えてくださいました。生徒たちにとっては、これから自分たちが生きていく世界で自身がどのような解決法を提示できるのか考えるよい機会となったようです。
.

講演会の様子。

講演会の様子。


一覧へ戻る

資料請求・お問い合わせ

教育方針教育の特徴学校生活部活動入学案内進学状況交通アクセス資料請求・お問い合せリンクプライバシーポリシーサイトマップ