雙葉日記

HOME > 雙葉日記一覧 > 中二LHR 教会訪問

2019.05.21

中二LHR 教会訪問

キリスト教を身近に感じることができました

 14日(火)のLHRの時間に、中二生全員でカトリック静岡教会を訪問し、和野信彦神父様のお話を伺いました。
 事前に、生徒たちが神父様にお聞きしたいことをまとめ、神父様にはそれに答える形でお話をしていただきました。「司教と司祭の違いは?」、「司祭と神父の違いは?」「なぜ神父さまは神父様になったの?」等、素朴な疑問に丁寧にお答えいただきました。
 今回の訪問は、生徒たちが学校以外の場でキリスト教に触れる機会を持ち、キリスト教に対する理解を深めるよい機会となりました。

神父様からお話をうかがう様子。

◆生徒たちの感想◆
*神父様は神様のお話や生き方等の哲学的なお話をすると思っていたが、現実的な話をしてくれたので、私と結びつけることができた。
*神父様のお話の中で一番驚いたのは、その日に読まれる聖書の箇所やお祈りは決まっていて、どの教会でも同じだということです。カトリック教会のモットーである普遍に基づいていてすごいなと思いました。
*今回のお話の中で、「何かを手放すことで、本当に大事なものが見えてくる」という言葉が印象に残りました。私はまだ将来のことは分かりませんが、なりたい職業に就くためにも、何かを捨てなくてはいけないと思います。これからも「取捨選択」を意識したいです。

一覧へ戻る

資料請求・お問い合わせ

教育方針教育の特徴学校生活部活動入学案内進学状況交通アクセス資料請求・お問い合せリンクプライバシーポリシーサイトマップ